精神医療の問題「ずいそう」3 2019年3月13日 記

光と影3
いささか脱線することになるが、精神医療の現場においても、患者さんの姿勢としては医者に教えてもらおうとするのは正しくない。
医者―患者関係において求められているのは、両者の協働において患者は患者自身の、医者は医者自身の自分の内奥の声に耳を傾けることをである。
そして、その上で改めて医者―患者関係の協働があるべきである。
そうした「活きた治療関係」の上に意味のある産物が得られるだろう。
ここでいう「協働」というのは、医者―患者双方の「治療的意志」といったものが働いていることを前提に、自我―無意識―それぞれの他者の、活きているトライアングルの形成というほどの意味である。
もっとも患者さんは、こころのエネルギーがさまざまな程度に低下しているので、「意志」といっても曖昧になりがちである。
そうした生命的エネルギーが、それなりに満ちてこなければ、治療上の成果は上がらない。
従って、医者のリードの下で、医者―患者のあいだでの信頼関係の醸成が図られる必要がある。
その医者―患者関係の力動が活きたものになっていけば、先ほど述べた「治療的なトライアングル」が活性化して治療上の成果は上がっていくだろう。
ときに患者さんが、何故だか分からないがだいぶ元気になった、といったふうのことを口にする。
それは上に述べたように「理屈」では説明できない治療的力学が働いているからである。’19.3.13.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0