日記より 4

  科学は現代の「明るく便利」な社会を作り出してきたので、そのかぎりでは「人間の勝利」である。
  何に対する勝利かといえば、「昏く迷妄する世界」への、ということになるのだろう。
  ニーチェが「神は死んだ」といったのも科学の進化を前にしてのことであった。
  科学がもたらした力は未曽有のことであったわけだが、現代の災厄をもたらしているのが、他でもない科学主義であるという笑えない現実が
  ある。
  ニーチェに借りていえば、「神は死んだ」理由が科学主義であり、「神の反攻を受けて危うくなっている」のも科学主義に起因する、といっ
  ても言い過ぎではなさそうである。                                      ’19.11.4.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント