※月※日:  日記より 6

精神科の診療は自分との戦いである。
何かと戦うのは有意味を求めてである。
戦いに負けると人生が無意味に傾く。
その何かを乗り越えるときに人生が意味方向に傾く。
人生は刻々と意味と無意味とに分かれる。
かつて、ある患者さんに「いつも患者に毒を吐かれて辛くないですか」といわれたことがあった。
毒を吐かれると思ったことはないが、「暗い心」の話を訊く仕事には違いない。
暗い話を訊く仕事をすることでこころが暗くなることは滅多にない。
「暗い話」を「明るい話」に持っていくのが仕事の本筋である。
だから、この仕事は常に希望と共にあるといえる。
   暗さがなければ明るさはない。
だから明るい話だけを好む人との話は退屈である。 ’19.11.12.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント