個人的な事情 2-6 ( 自分らしく生きるということ 6

死は不可解である。
精神の病理現象はこのことと関係がある。
精神の病理現象は人生の意味づけが難しくなったときに起こり得る。
不登校の問題を例に取ると、「学校に行く意味が分からなくなる」といえるのではないか?
意味と無意味とが人生問題では交錯している。
「人生とは何か」というのは難問であるが、ひとつには「意味をもたらすこと」といえるように思われる。
意味は「行為」によってもたらされる。
「行為」とは、「いま、このとき」に「与えられている生命的エネルギー」をほどよく消費することといえるように思われる。
我われは生きているかぎり、「生命的エネルギー」を、「与えられたもの」として持っている。
それは自明ではないだろうか?
その「生命的エネルギー」が尽きたときが「自然の死」である。
人生を全うするというのは、ひとつには「生命的エネルギー」が尽きるまで生きることである、といえるのではないだろうか。
実際には人は何かの病気で死ぬ。
それは与えられている生命的エネルギーを使い切らずに死を向かえるという意味になる。
その場合は「自然の摂理」に反していることになる。
だから「病気」なのである。
「病気」は自然の死と違って、何等か招き寄せるモノなのではないだろうか。
それを踏まえると、病気にならないような生活の仕方がそれぞれの責任になる。
「与えられている生命的エネルギー」は尊重しなければならない。
そういう生き方を模索するのが人生ではないのだろうか。
いずれにしても、「自然の摂理」に反しないような生き方が「自己の責任」である、といえるように思われる。
だが、その自然の摂理はどのようにして明らかにできるのか?
人類史に残るある文豪が、死の床で「これでいい、これでいい」という言葉を残したと伝えられている。            ’20.4.15.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント