自己の価値  Ⅰ

自尊感情といわれているものがある。
それは自分の存在価値への思い、といった意味である。
この感情は重要である。
自尊感情が高ければ自己の価値意識が高くなり、低いと自己否定感に傾くからである。
自尊感情が低いと人生の全体が暗くなる。
生きる意志と生きる意味とが薄れて感じられる。
「こころの病い」は、自尊感情が低落することに伴って起こる現象である。 ’20.2.23.

" 自己の価値  Ⅰ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント